カウンセラー資格認定基準
専門コース(16単位) ケース・レポート (8単位) :  論  文 (8単位)
専修 監 督 実 習 Ⅰ  (4単位) 監 督 実 習 Ⅱ     (4単位)
コース ファシリテーター経験 (2単位) 教  育  面  接  Ⅱ  (2単位)
8単位 教 育 面 接 Ⅰ   (2単位) ケース・スーパーヴィジョン (2単位)
実習及び演習   (10単位) 学     科  (8単位)
(A) 必 修 科 目 (4科目8単位) (A) 必 修 科 目 (3科目6単位)
 ロールプレイングⅠ    (2単位)    カウンセリング概論(2単位)
 ロールプレイングⅡ    (2単位)  パースナリティ理論(2単位)
 エンカウンターグループⅠ(2単位)  人間論・人間関係論  (2単位)
 エンカウンターグループⅡ(2単位)
  (B)選択科目(1科目2単位 選択     (B)選択科目(1科目2単位 選択
 フォーカシング  感受性訓練  カウンセリング理論  心理学概論
 ゲシュタルト療法  交流分析  一般意味論  哲学概論
18  サイコドラマ  箱庭療法  精神医学概論  臨床心理学
 遊戯療法  自律訓練法  教育相談理論  教育心理学
 絵画療法  音楽療法  トランスパーソナル心理学
 その他(   )    その他(   )
 
基礎コース(4単位) 基礎学習Ⅰ (2単位)    基礎学習Ⅱ (2単位)
 1 各講座(2単位)は,各3時間×12回以上とする。(専門コースは除く)
 2 単位修得は基礎・研修・専修コースの順序で習得する。
 3 ロールプレイングⅠ・Ⅱは,基礎コース4単位及び研修コース学科必修科目6単位習得後に習得する。
 4 ファシリテータ経験は,事前研修を終了した後,兵庫県カウンセリング研究会において習得する。
 5 教育面接Ⅰ・Ⅱはそれぞれペアで習得する。但し,ケーススーパーヴィジョンは単独で履修することができる。
 6 スーパーヴァイザーは,原則として科目ごとに替わる。
 7 専門コースは,スーパーヴァイザーの指導を受けることができる。

* 単位を履修していただく上でのご注意

  1.  ワークショップで修得できる単位は基礎Ⅰ・Ⅱ及びエンカウンターグループⅠ・Ⅱのうち1科目です。 また,基礎学習Ⅰ・Ⅱのいずれかは当協会のワークショップにて修得する必要があります。
  2.  エンカウンターグループⅠは構成的エンカウンターグループを,Ⅱは非構成のエンカウンターグループを 意味します。また履修する順序はエンカウンターグループⅠ,Ⅱの順となっております。 お間違えのないようにお願いいたします。
  3. 基礎コース,研修コースの順で修得して下さい。なお,ロールプレイングは研修コース学科3科目が 修了してからⅠ,Ⅱの順序で修得して下さい。 その他ご不明な点がありましたら当協会や研究会にお問い合わせください。
 

 科目履修の留意点について 

  1.  * や # が付いている科目について *と # を合わせて2単位となります。
  2.  基礎コース,研修コースの順で履修してください。
  3.  ロールプレイングは研修コース3科目が修了してからⅠ,Ⅱの順序で修得してください。

問い合わせ先:主管研究会の電話番号